セレナe-POWERの記録 その25 OBD2スキャンツールの取り付け

「スイッチ付 Zappa ELM327 OBD2スキャンツール BLUETOOTH仕様(V1.5) 日本語マニュアル付」届きました。
で、早速取り付けてみました。
画像


付ける場所は、運転席の足元のココ。
画像
向きを合わせて、ギュッと差し込むだけです!

スキャンツールの真ん中赤丸の中に青いボタン「ON/OFF」がありますので、長期間運転しない場合の電力消費が気なるときにOFFにできるので便利そうです。
画像


このツール、Amazon等でもいろんなところで扱っていて、どこが良くてどこがコピー品か。。。なんて良く分かりませんが、精一杯の対応をしてくれていそうな「WEB SHOP Zappa」から購入。

「本体に Zappa ELM のレーザー刻印がされています」ですって。
画像
ありました!

で、早速、昔使っていたスマホでペアリング。
Bluetoothをスキャンすると「接続可能デバイス」に「OBDII」が表示され、
画像


説明書にあるPINを入力し、
画像


ペアリング完了!
画像


でもって、まずはこれらのアプリで動作確認。
画像


ポイントと結果だけ書くと。。。

OBD Driver
起動画面で「車両通信設定」を実行し、設定一覧から「1. ISO CAN 11bit ID 物理アドレス 0」を選択して「設定を保存する」で動作可能!
ただ、個人的に気にしている室温は無いみたい。。。

Torque (Lite)
起動すると自動的にプロトコルを検出し、「ECUと接続出来ました.」と簡単に接続!
室温も取れそうだし、テーマでメーター類のデザインを変更できるのでいい感じ!
情報を表示するアプリとしては、これでいいかなーと

Leaf Spy Lite
起動し、デバイスリスト(自動で表示されたのか自分で表示したのか失念。。。)から「Bluetoothの登録済みデバイス」を選択し、「デバイスを選択して下さい」で「OBDII」を選択
ペアリングコードを聞いてくるので入力し「終了」
接続され電圧の値が変わったかと思った瞬間「Leaf Spy Liteは停止しました。」。。。
うー。。。
何度やってもだめでした。
Leaf Spy Lite をGoogleplayから入れても、Amazonから入れても同じ。
ホントは、Proで車両の設定を変更するのに使いたいなぁと
Leaf Spy Pro
Turbo3
2018-03-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Leaf Spy Pro の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

説明書を見ると、「※Leaf spyをご使用の場合、ロットにより上手く動作しない場合があります。交換対応しますのでご連絡下さい。'17.9.23現在note e-powerとBT版ではLeafspyが停止する報告があります。SW付Wifi版が動作確認取れています。」と書かれてありましたので連絡してみています。
なにげに、Leafspyでの設定変更を期待していたんですけどね。。。
さてさて、どうなるかなー

<2018/07/09追記>
OBDII購入元のWEB SHOP Zappaさんに連絡したところ、調査のためにとWiFi版やBT4.0版をいくつか貸し出してくれました。(感謝)
で、一通りテストしてみましたところ、いずれもLeaf Spy Liteは正常に動作せず。。。
BT版やWiFi版は接続するとやはり停止。BT4.0版(実際はBT2.0として接続)は無反応。。。
で、せっかくなので、Leaf Spy Proをダメ元で購入!なんと全てでサクッと接続!(WiFi版は時間の都合で未確認)
なんということでしょう~Liteだったがゆえの問題でした。
ただ、またしても問題が。
BT4.0版だと、使ってみたかった「サービス画面」からの設定変更(ドアロック等)が使えませんでした。
現象としては「変更」ボタンが押せない状態だったり、「リーフの電源を入れて下さい」と表示された状態だったり。。。
が、しかーし、なんと最初に購入したOBDIIではちゃんと動作するじゃないですか。。。
ドアロックは、どこかにも書いてありましたが、DOPの「セキュリティ&セーフティパック エントリー」による「ドアミラー自動格納装置」が付いているためかダメでした。
「車両接近通報音」の「後退警告音」はチェックを外して「変更」すると確かに聞こえなくなりました。
が、警告音系は、やはり安全を考えると、あっていいものなので、デフォルトに戻しました。
となると、あとは「ヘッドライトの設定」と「インテリア照明設定」くらい?
どちらも、特に不満は無いので、これもそのままに。
ようやく接続できたLeafspy Proでも、結局は自分のやりたいことは特にありませんでした。。。
と、Google Play を見ると、「払い戻し」とあるじゃないですか。
ポチッとしてみるとできちゃったようです。
という訳で、OBDIIとLeafspy Proの接続は可能で、設定変更も可能そうだということは分かりました。

で、その後、Torque Proを買い、いろいろ弄ってみています。
回転数が見れるのは良いですね!
室温も見れそうなのですが、ちゃんと更新されていなさそうです。。。
ガソリンの残量とバッテリーの充電率も見たいのですが、今の所無反応です。。。
さてさて、どなたか頭の良い方が設定できるようにしてくれるのを待ちますか。
画像










"セレナe-POWERの記録 その25 OBD2スキャンツールの取り付け" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: