Echo Dot

サイバーマンデーでお安くなっていたので、とうとう Echo Dot を買いました!
安くなるの待ってたのですよー
早速セットアップし、以前から使っているeRemote mini とリンクしました!
画像
画像
画像

小さい割に、低音のバランスも悪くなく、まーまーのボリュームでも音のビビリもないので、調べ物したり、BGMを流す分には十分な感じです!
「アレクサ」と話しかけると、前方のLEDのみが青くなって、「聞いてますよ」ってリアクションをしてくれるのが良いですね。
家族に説明してるときに「アレクサ」と言ってしまって反応したので「なんでもない」って言ったら、「ガチョーン」とか言ってましたよ。。。

さて、eRemote mini とのリンクが少し分かりづらい印象もあったのが、大した問題もなくできてしまった。
一応その概要と注意点を記録しておこう。

1. 事前準備
eRemote mini のセットアップは済ませておく。
基本的には付属の取説通りだが、一応 こちら も参考に。
Echo Dot はAndoroid または iOSの Alexa アプリを使うのだが、そこから eRemote mini を追加する際に、eRemote mini をセットアップするアプリ「eHome」アプリで登録したアカウント、パスワードを入力が必要になるので、お忘れないように。

2. Echo Dot のセットアップ
Echo Dot を購入すると、Amazon から Echo Dot のセットアップを案内するメールが届く。
それを参考に、、、といっても、対してやることはないが、セットアップを行う。
ざっと書くと、Alexa アプリをインストールし、Echo Dot を電源に繋ぎ、Amazon アカウントでサインインすると、セットアップが始まり、あとは流れに従って行くと終る。
家の Wi-Fi への接続も、リストから選択するだけで、勝手につながった。。。
サラッとつながって、すぐにも「アレクサ」と会話?出来てしまう。。。すごいもんだ。

3. Alexa と eHome の連携
さらっと流れのままに設定してしまったので、どこをどうやったのかちゃんと覚えていないが、LinkJapan のサイトに「Amazon Alexaとの連携方法」が載っていたので、こちらも参考にどうぞ。
注意点としては、Alexa でのデバイス名を、言いやすい名前に変更したほうが良いです。
例えば、Echo Dot でリビングの照明を付けようと、「アレクサ、○○の電気つけて」と言うときの○○は、eHome で設定したリモコンの名前がそのまま、Alexa でのデバイス名となっている。
eHome でリモコンを追加するときには、どこのなにかを分かりやすいように「リビングのシーリングライト」などと設定していると、Alexa と連携した直後は、Alexa でのデバイス名が「リビングのシーリングライト」となっている。
そのままだと、Echo Dot でリビングの照明を付けようとすると、「アレクサ、リビンのシーリングライトつけて」などと長い呪文(そうでもないか。。。)を唱えないといけない。
リモコンの操作さえ手間に感じて Alexa に頼もうってんだから、もっと楽に操作したい。
なので、Alexa に登録されたデバイスの名前(eHome は変更しなくて大丈夫)を唱えやすいのにしよう。
うちは、めんどいので「ライト」に変えた。
「アレクサ、ライトつけて」で、「はい」と答えてくれて、ピッと着く。
「アレクサ、ライト暗くして」で、「はい」と、一段階暗くしてくれる。
ん!いい!
ダイニングの照明は、eHome で対応できなかったので、リビンの照明だけ制御できれば十分。

これで、テレビ、リビングの照明、エアコンが、ある程度声のみで制御できるようになった。
BGM も流してくれるし、すこし快適になったかな。

いま、サイバーマンデーで、Amazon Echo シリーズが軒並み安くなっています。
気になっていた方は、この際に是非。

※以下、いずれも 2018/12/09 現在の価格です。

¥5,980 ¥3,240

¥11,980 ¥6,980

¥14,980 ¥9,980

¥4,980

¥30,707 ¥27,980

¥ 17,980 ¥ 12,980

¥ 17,980 ¥ 8,990



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック