ガンプラ:RX-78-2ガンダム

久しぶりに、ガンプラ・・・しかも RX-78 ガンダムを作りました。
画像


ガンプラを最後に作ったのはいつだろう。。。小学生の頃だろうか。。。
あの頃は、ガンプラの入荷情報を集めては自転車で買いに行き、店前で開店前に並んでなんとか買えたり買えなかったり・・・という時代だったなぁ。
どこかではガンプラ購入目当てに並んだ列が将棋倒しになった事故もあった記憶が。。。

画像

画像
多色成形機も使われていて、少数カラーのパーツも、うまくまとめられていますね。

画像
取説も丁寧。。。

画像

画像

画像
こうやってパーツをはめ込むことで、うまいこと色分けを表現できるから、塗装せずとも十分満足できてしまう。

画像

画像

画像

画像
これで胴体部分の完成。

画像

画像
目の部分のシールは選択式。
簡単に目の周りにシールを貼ってしまう方式をとるばあいは、[1]を使用。
目が透過パーツなので、その奥に反射用にシールを貼る場合は[2][3]を使用。
画像
ただし、シールは小さくて、老眼泣かせ。。。
画像

画像
赤いワンポイントもシール。
画像

画像
頭完成!いいね!

画像
胴体とドッキング!

画像
肩。アップで写真をとると分かりますが、肉眼だとこの隙間、見えやしません。。。あ?老眼だから?
にしても、往時のプラモデルは、ボンドで張り合わせては、段差をパテで埋め、塗装してようやく見れるものに仕上がるモノ。今のガンプラの精度はなんでしょう。
画像

画像

画像
両腕合体!
つか、ヒジ!二関節筋ですよ!
もー、ちゃんと曲がるじゃない―
昔なんて。。。深く曲げるために熱したカッターで切り込み入れたものよ?

画像
両脚。

画像
ガンダム大地に立つ!
画像
ん・・・ゲート残ってるところ発見。。。作ってる時には気付かなかったー
画像


あっという間の3時間でした。
一応、精一杯丁寧に作ったつもりだったのですが、ゲート跡が残ってる所ありましたね。。。
でも、昔とは違った楽しみ方ですが、クオリティと可動範囲の高さに至極満足です!

このシリーズ、今更ながら、少しずつ作っていこうかしらー




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック