セレナe-POWERの記録 プロパイロットを使ってみた感想

画像

とある避暑地に一泊旅行に行った際、高速道路にてプロパイロットを使ってみたので、その時に感じたことをまとめておきます。

場所や交通状況によって設定速度を変えましたが、だいたい80~95kmで巡航。
基本的に走行車線を走行。たまに追い越すために追い越し車線を走行。といった感じ。
主な通行道路は、首都高~東北自動車道。



■良いと感じたところ

楽!!

こう言ってしまうと、完全自動運転と勘違いしてるんじゃないか?システムに任せっきりで危ないじゃないか!何かあったらどうするんだ?!と思われる方も居るとは思いますが、楽なものは楽なんです。
ただ、現状のプロパイロットは、あくまでも運転支援なので、任せっきりにはできないってことを理解しておくことも重要。

でも、まずアクセルワークをしないで済み、ハンドルも自分の力でコントロールしないで済む。もちろん何らかの事態が起きた時に、とっさに対応できるようにしている必要はある。高速道路にだって落下物はあるし、何が起こるかわからない。だとしても、設定した速度をキープしてくれるし、前に車が居ればその車速に合わせ、前に車が居なくなれば設定速度に戻ってくれる。車線もキープしてくれる。とても楽でした。

本来、車の運転は好きなのですが、同じ車速をキープし続ける高速道路の巡航ってのは、特に楽しい訳でもない。なので、疲れる前に目的地に着きたくなり、つい速度を上げ気味になってしまう。
ところが、プロパイロットでその単調な作業を支援してくれるんだもの。助かります。あえて急ぐ気にもならなくなり、結果的に90km前後での巡航、ということができてしまう。支援してもらっていることで作られる余力で、周りの状況確認にも余裕が持て、気持ちも楽に、ゆとりを持つことができる。なので、自分の場合は、安全運転に繋がっていると思う。

細かい点で、良いと感じたところは、ウィンカーを出すとハンドル支援が自動的にキャンセルされ、車線変更後また車線を認識すると自動でハンドル支援が再開される点。その間、インテリジェントクルーズコントロールは継続しているので、車速は先行車もしくは設定速度を上限として走行してくれる。
なので、例えば設定速度を90kmで巡航していたところ、先行車に追いつき80kmまで減速したとする。そこで、追い越すためにウィンカーを出すとハンドル支援がキャンセルされ、変な抵抗もなく車線変更。その際に先行車が居なくなるので、自動的に90kmまで速度が上がり、車線が認識すればハンドル支援再開。また走行車線に戻る際にも、同様になる。

キャンセルスイッチでプロパイロットをキャンセルしても、システム起動中なら再度「RES+」スイッチを押すことで前回の設定速度で再開してくれるのもいい。
インターチェンジやジャンクション、SA/PAからの合流があった際は、プロパイロットをキャンセルするとアクセルを踏まなければ減速するので、合流車両を前に入れてから「RES+」スイッチで再開。
SA/PAに入る際も、側道に入るときにキャンセル。

この辺りの操作も、今回の旅行で慣れ、とても便利に感じた。



■気になったところ

とはいえ、いくつか気になったところもある。

まずは、加減速が少しキツイこと。
速度設定は、プロパイロット実行時はその時の走行速度が設定されるが、そこから変更する際はプロパイロットスイッチ横の「RES+」「SET-」スイッチで行う。このボタンによる設定は、5km/h刻みなのだが、その変更時の設定速度までの加減速がちとキツイ。
個人的にはもう少しマイルドにしてもらってもいいくらい。理想を言うと、ドライブモードで変わると嬉しい。ECOモードなら今よりマイルドに、Sモードやノーマルモードなら今の感じ。とか。
ただ、追い越し時には、良い加速をしてくれるので良いんだよなー。
状況によって良くも悪くも感じるので、調整は難しいか。。。

あとは、ハンドル支援が少しユラユラする。
ほぼセンターを走行してはくれるものの、車線が広いからなのか、若干左にいったり右に行ったりする感じがある。とはいえ、左右のラインからはちゃんと距離はキープされている範囲なので不安になることはない。が、自分のハンドリングならそんなにフラフラはしないので、自分の感覚とのギャップが気になるところ。
後続車から見て、フラフラしてみえるのだろうか?それも気になったりした。

あと、キツめのコーナーは「ハンドル支援ができません」となってしまう。
とはいえ、基本的にハンドルは握っていなければいけない。ハンドルを握っていれば、プロパイロットによるハンドル操作に合わせて自分でもハンドリングをしている状態になっている。解除されてもグ!っとハンドルが持っていかれるわけでもなく、自然と自分がハンドル操作している状態に移行しただけ、という印象。なので、急に解除されたとしても特段困ることもなかった。

あとは。。。これはどうしようもないことだけど、先行車が居なければ設定速度をキープしようとしてしまうので、もうすぐカーブって時でも速度を落としたりはしてくれない。
特に首都高の様にタイトなコーナーがある道路では、現状のプロパイロットは実用的ではない。キツめのコーナーに設定速度のまま突っ込んでしまう。
このようなコーナーがある道路でプロパイロットを利用する場合は、減速したくなるようなコーナーの手前でプロパイロットを一度キャンセルして減速し、コーナーを抜けて立ち上がるときに「RES+」スイッチを押すのが良い。
もうすぐコーナーってところで自動的に減速してくれるようになると、コーナーが多めの高速道路でも安心して利用できるようになりそうなんですけどね。


まず思い当たるのはこんなところですかね。
天気にも恵まれていたので、悪天候でのプロパイロットはまだ試せていませんので、状況によっては他にも気になるところがあるのかもしれませんが。。。



まー、何にしてもです。技術の進歩ってのを感じさせてくれましたよ。
昔はマニュアル、重ステ。パワーウィンドウすらない車にも乗っていましたからね。料金所のオッチャンから手渡されたチケット咥えて、シフトアップしながら加速しつつ、グルグルノブ回して窓閉めたもんですよ。オールマニュアル。。。なんだか懐かしいなぁ。
そんな時代から見たら、とんでもない進歩ですよ。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック